歯科一般・小児歯科

いつも、その患者さんにとって、一番良い方法を

通院回数は少なく、そして効果が長続きする治療を目指しています。

治療回数はできるだけ少なく

治療回数はできるだけ少なく
当院では、患者さんの歯科治療の負担を軽減するために、できる限り少ない治療回数で治療ができるような工夫をしています。
そのために、金属の詰め物ではなく、白いプラスチック素材(レジン)を使用しています。金属のように型取りをする必要なく、歯に合わせて素材を詰めて固めるため、削ったその日に治療を完了させることができます。

将来の歯の状態まで見据えた虫歯治療

将来の歯の状態まで見据えた虫歯治療
当院では、健康な歯を削り過ぎない「ミニマルインターベンション(MI)」の考え方に基づき、患者さん自身の歯をできるだけ残す治療を推奨しています。
虫歯の治療を行った歯は、どうしても2次カリエス(治療した部分の隙間から虫歯菌が侵入し虫歯が再発すること)ができやすくなります。しかし、白いプラスチック素材(レジン)を使用することで、レントゲンですぐに虫歯を発見することができるため、早い段階での治療が可能となります。

デメリットまでしっかり説明

どんな治療方法にも、必ずメリットとデメリットがあります。当院では、治療計画の段階で、デメリットについてもきちんと説明をし、ご納得いただいた上で治療をスタートいたします。適切と思われる治療方法でも患者さんのお口の状態や好みによって感じ方が異なります。押し付けの治療ではなく、患者さんとよくお話をしながら治療の選択肢を説明させていただきます。

お子さんが「歯医者さん嫌い」にならないように

お子さんが「歯医者さん嫌い」にならないように
「歯医者は痛いところではなく、歯のお掃除をしてくれる心地よい場所」、そう思っていただけるような治療を心掛けています。
小さいお子さんには、無理やり治療をするのではなく、まずは歯医者になれていただき、自分から治療を受けられるようになるまで、根気強く診療を続けていくようにしています。その甲斐もあり「歯医者さんには行きたくないけど、あいば歯科なら行く」というお子さんも増え、嬉しく思っています。

お子さんに合った予防方法を

しっかりと歯磨きができることが大切ですが、必要があれば、歯を丈夫にするためのフッ素塗布や、奥歯の溝を埋めて虫歯になりにくくするシーラントなど、お子さんの歯の状態に合わせた対応をしています。すべての方に一律の方法ではなく、お子さんのブラッシングの状況や虫歯のできやすさなどを考慮して、適切な方法を提示させていただくようにしています。

唾液検査をしてみませんか?

唾液検査をしてみませんか?
口腔環境や生活習慣だけでなく、虫歯になりやすいかどうかは体質にも関係していることがあります。特に唾液の働きの強さは虫歯のなりやすさに強く関与しています。
当院では、オーラルテスターと呼ばれる唾液の検査を実施しています。虫歯の予防だけでなく自分が虫歯になりやすいかどうかを知り、体質に合った対策をしていくことが重要になります。
しっかりと歯磨きをしているのに虫歯になりやすい方、歯質を知りたい方はぜひお気軽にお問い合わせください。

ご予約・お問合せは
お気軽にCONTACT

新着情報NEWS

一覧はこちらから>icon

pagetop