口腔外科・顎関節症

レーザーを使った、出血・痛みの少ない治療

レーザーを使って、出血や痛みが少ない処置を行っています。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー
歯茎などの軟組織を処置する際に炭酸ガスレーザーを導入しています。
特に口腔外科処置では、炭酸ガスレーザーを使用し歯茎を切開することで、出血がほとんどなく痛みもメスを使うときと比べ大幅に軽減されます。また、治療後の回復が早いというメリットがあります。切開だけでなく、出力を調整することで歯茎の膿を出したり、口内炎を治療したり、痛みを緩和したりすることも可能です。

親知らずの抜歯

親知らずは、十分なスペースがあるところへ真っ直ぐに生えてきた場合は抜く必要はありません。しかし、多くは斜めに生えてきて隣の歯を押してしまったり、奥に埋まったまま痛みが出たり、横から生えてきたりすることも少なくありません。
そのため親知らずが生えてきたら、まずはどんな状態で生えてきているかを確認する必要があります。
当院は、ただ切開して親知らずを取り出すのではなく、現在の歯の状況と治療の方向性、抜く場合のメリット・デメリットをしっかりとお伝えした上で、いかに患者さんの負担を少なくできるかを第一に考えて抜歯をしています。
難抜歯といわれるケースでもほとんど当院内で実施可能なため、他の医院で抜歯は難しいと言われた方も、ぜひご相談いただければと思います。
もちろん、無理な場合はきちんと事実をお伝えし、大学病院を紹介いたしますのでご安心ください。

顎関節症の方へ

顎関節症の方へ
お口を開けたときに音や痛みがある方、開けづらいという方は、顎関節症の疑いがあります。当院では、顎の状態を確認した上で、炭酸ガスレーザーを使った痛みの緩和やマウスピースを使って顎の関節の負担を減らす治療なども行っています。
顎関節症でお悩みの方は、我慢せず早めにご相談ください。

嚥下トレーニングで、誤嚥性肺炎を防ぎましょう

飲み込むこと(嚥下)が上手くできなくなると、場合によっては誤嚥性肺炎になることもあります。当院では、お年寄りの方が無理なくしっかりと飲み込める状態を目指して、嚥下のトレーニングを行っています。
「最近食べ物が飲み込みづらくなった」と感じていらっしゃる方は、お気軽にご相談ください。

歯が抜けてしまったときの再植と移植

もし、外傷や事故などで健康な歯が抜けてしまった場合には、保存液(薬局では販売)、もしくは牛乳に漬けてすぐにお持ちください。歯の根っこには歯根膜と呼ばれるものが付いており、そこが無事であれば一度抜けた歯を元の位置に戻せることもあります(再植)。
また、親知らずや矯正治療で抜歯した歯を、他の場所で使えることもあります(移植)。

条件さえ揃えば、再植や移植などの選択肢をご提案することができますので、抜けた場合でも諦めず、すぐにご相談ください。

ご予約・お問合せは
お気軽にCONTACT

新着情報NEWS

一覧はこちらから>icon